プロミス

MENU

金融会社は消費者のキャッシング情報を知れる

キャッシングの審査を受けるとき、金融会社は消費者が利用している他社のキャッシング情報を確認します。この情報次第で審査に通過できるか否かが決まるので、かなり重要な情報になるでしょう。

 

しかし、どうやってその情報を知り得るのでしょうか。実はあまり知られていないのですが、消費者のキャッシング情報はすべて個人信用情報機関にて登録されているのです。借入れの利用に応じて自動登録されていくので、借入額、返済額、延滞や滞納の記録などまで常にリアルタイムで情報が更新されていっています。

 

そして、個人信用情報機関は金融会社と消費者がクリーンな取り引きができるように審査の際に金融機関に消費者の情報を提供するため、ここで情報が共有されて、金融会社は簡単に消費者の借入れ記録を知り得ることができるわけですね。

 

なので他社の借入額などで嘘の申込みをしてもバレるため、誠実な気持ちで申込みをする必要があります。ちなみに嘘はもってのほかですが、ここで登録されている情報が良くないと審査には通過できません。

 

また、場合によっては今後は借り入れができなくなることもあるのです。そのため、いつでも情報が管理されているという意識を身につければ、無茶な借入を意識的に抑制することもできるでしょう。
▼他社の利用が多くて借り入れ審査に不安があるなら
ダイレクトワンなら借りられるかも