プロミス

MENU

複数社のカードローンを検討して借りる

カードローンという言葉の意味が、段々広義に使われるようになってきています。以前はカード自体が銀行のATM用の物と商品を購入する時のショッピングカードしかない時期は言葉自体が存在しませんでした。

 

その後、金融機関が利用者に融資するための便利アイテムとして街角にATMを設置したり、クレジットカードにキャッシング枠が出来たりして、融資のための主たるツールとしてカードを使うことが圧倒的に多くなってきたので、キャッシング自体をさして使われることが多くなってきています。だからカードを使わずに融資を金融機関のカウンターで完結することは当然出来ます。

 

ただ、その場合でも、カードを作らされることが多いです。カードの発行者としては、銀行、信販系会社そして消費者金融になります。3者3様に特徴があり、利用者のそのときの状況でどこを使うかをセレクトするのが良いと言われています。

 

現金が必要な時というのは色んな事が想定されますが、多くの人の場合、「ともかく用意しないと・・・」ということで、すぐに貸してくれるところに飛びついてしまいがちですが、ここはゆっくりと状況判断することが大切になってきます。銀行は、審査が厳しいですが、金利は相対的に安いです。

 

一方、消費者金融のノンバンクの場合、審査はやや甘めでありますが、金利は高く、融資金額も少額に限定されます。返済は、三者とも一括返済か、リボ払いを選べることが多いです。

 

またノンバンク系では、一定期間利子がつかないサービスを実施しているところもあり、短期間だけお金が必要な場合、利用することで諸費用を含めても返済額を大幅に圧縮することが出来るので、選択肢に入れることをお薦めします。
▼手軽さも兼ね備えた銀行の借り入れがある
金利が低いバンクイック